忍者ブログ

降り注げ!雪みたいに。 甘く楽しく!飴みたいに。 きっと届け☆あたしの大好きっ♪♪♪
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01
RECENT ENTRY RECENT COMMENT

12.12.21:12

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/12/21:12

09.04.03:47

反転も自我

↑正:反転文字が(爆笑vvv)白ぉく浮き出ぇるぅ~~~~~っ

と、いう危険を冒して()の、初黒画面に白字


ええ、そうなんです。
初めてなんです。何気に。反転デザイン大好きやのに。

前ブログから通して、初でっす(爆)



何でこんなに大々的にここをアピールしちゃうかというと…

ウチにとってコレが大々的大事件だからでっす(そのまんまか)
…ケータイから見たら関係ないですけどもvvすみませvvv(笑)



反転デザインがどんなにかっこよくっても、

「白くした文字をかくす」という事を貫き通すために、必ず白地・薄地画面を選んでまいりました、ウチでした。


せぇーー……っのっ


まっくろーーーーーーーーーーーーーーっ(テンション高いなっ笑)







…うーん。
貫いてきたこととかを、今の自分ありのままに、ぱぁんって捨て去っちゃうシュンカン。


…いいよね(∑そういう話笑)

これで、またすぐまっしろオレンジとかに戻ってたらすみません(爆笑)



「熱しにくく冷めにくいが、突然終了する。」

↑とあるサイトで見かけました、B型の特性の1つらしいですvvv(笑)
いるかにも言われた、「これでもうおしまい!スッキリっ♪って瞬間があっていいね、B型は」ってやつvvv(爆)
冷めにくいんやけど、確かに飽きっぽい面もあるんやけどなぁ…って思ってたんで、このフレーズはすごいピンときました(笑)



まぁともかく。

なんか最近、言葉にしきらんような、どきどきする感覚に覆われています。

分かんないんです。

でもきっと、なんかこれ、どきどきしてます。


…あ、いや、わくわくしてるかも


すぅごい書きたいこといっぱいあるのに、

書こうとしたら、ぶわぁってなって書ききらん気がして、

けど何か書きたかったから今この記事を書いているわけなんですがvvv(笑)


大きな変化が、訪れるときなんかも。




…なぁんて思っちゃってみたり
PR

どう?みなさまは元気っ??(何やねん:笑)…あ、何気にこれ、続きリンクです(爆笑)

06.24.03:23

ふんぬらばっ!!!

あんたが誰と
どんな人生を
歩こうと







あんたが幸せであれば それでいい




心の底から そう思えるような


出来た人間にはなれなくても





あんたの瞳に映る あたしは


強くしなやかでありたかった





出来すぎた漫画のヒーローみたいにね 


矢沢あい  『NANA ――ナナ――』

トゥルっトゥルっトゥ~♪(∑何の歌!?笑)

06.12.04:00

「男が一度…!!!」




“死んでごめんじゃないでしょうに”





…ああーーーー。だめです。ノックアウトです。カンカンカァー……ン。



…あのね。
尾田栄一郎さんのね。『ONE PIECE』って作品が、あるじゃない。
そのね、各話ごとのタイトルって、あるじゃないですか。

ウチ、これがなかなか好きでして
“ね”とか、“心中お察しする”とか、もうウチの心をつっついてならないんですが。


きました。


きました
きました。



きちゃいましたぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ



ジャンプ今週号、タイトル。

“死んでごめんじゃないでしょうに”




…ぐはっ(パタッ…。笑)




もちろん…読んでから…くるんですよ…
本当、粋なことしてくれます…。

やられたぁーっ

無駄に怪文書、続く。(笑)

04.14.12:48

------

にゃぁーお。


いつだって、わがまま。


いつだって、ないものねだり。






いつだって、いつだって。


「ーーーーーーー-ーー。」








だからもう、嘆かない。

寂しいこと、嘆かない。




できること、してみる勇気を。





とりあえず、いっぱい浮気してくるねvvv(爆笑)

「これしか考えられない!」

そう言った隣の子がちょっとうらやましかったけどね?

あたしは、ふらふらふらふら。熱しやすく冷めやすい、あたしのこと、そんなに嫌いじゃないんだ。




授業遅れるーっ!!!(笑)

04.04.14:09

走って走って、息切れて

走った。


こわくって、

でもどこか冷静に、荷物は掴んで、


走った。


ら、やっぱり走られて。



こちとらパンプスが邪魔で、

走りにくい。


ジャージにパンプス、というただでさえ奇妙な格好から、
ジャージに素足、という余計奇妙なんだか何なんだかな格好へ(笑)



走った。

素足で走った。



角まで出て、見失って





恐ろしくなって




暗闇で

いつか何人もに脅された(笑)怪談スポットが目の前やったけど、


そんなもんよりも、もっと
ずっと
恐くて。







叫んだ






お願い。
お願い。
届いて。
届いて。


いつだったかな。
中2かな。
歩道橋の上から、好きな人の名前を叫んだ友達に憧れて。
中3かな。
卒業式直後、もう二度と会えない好きな人に叫んだ友達に憧れて。
(うちの中学の友達ら、青春しすぎ。笑)






お願い。
お願い。
届いて。
届いて。


憧れた気持ちだったのに。
ああ、必死だったんだね。
つらいもうれしいもいいなぁも届いても、
そんなんごちゃごちゃ考える余裕、なかったんだね。



ただ、ただ。



叫ぶしか、なかったんだね。







足に肉刺の感覚。
…「まめ」って肉刺って書くんだ…(驚)←変換マジック
なんつー痛そうな漢字なんや…



叫んで、
素足のまま、
自転車まで戻って、
足の速さじゃ追いつけないって思ったから、
次、ここに戻るまでに、
朝まで待てばいいかな。
何日待てばいいかな。
なんて、
途方もなく考えて。






そしたら、

聞きなれた、足音がした。




切れた息と、

足の豆と、

結局掴みきれてなかった荷物が残って





ウチも青春し過ぎって話。(爆笑)







恐怖と緊張とか、もろもろいろいろの糸が切れて、

安心して、

ほっとして、

どうにかなりそうで、
叫び泣きした。


普段なら声出さずに泣くんやけど、
叫び泣きした。

赤ちゃんみたいに。
子供みたいに。






いつぶりだろう。
叫び泣きしたのは。


…ああ、たぶんきっと、1年とちょっとぶり。
あたしの記憶の限りでは。
あの日、
この場所に戻ってこれたぁーって、
もろもろの緊張の糸とかが切れて、
声出して大泣きした。

気がする(笑)




安心して、
嬉しくて、
わぁわぁ泣いた。
わぁわぁわぁわぁ泣いた。


ああ、
あったかいなぁーーー。

もう、いいや。
もう、いいや。
なんて幸せなんだろう。

もう、いいや。
もう、いいや。
なんて幸せなんだろう。

この人が、ここに生きている。
なんて幸せなんだろう。


ジュンくんのこととか、
もろもろの恐怖が襲ってきて、
どうにかなりかけていた頭に、
降ってくる優しさ。

ああ、もう、いいや。
もう、いいやぁ。
なんて幸せなんだろう。


この人が、ここに産まれて、ここにいて、ここに生きてて、
ここに居て。
ここに存在してる。
ここに体温がある。

ああ、嬉しいなぁー。



よかった。
よかった。
よかったよぉ。
よかったよぉ。
よかったよお。

わんわん泣いた。
わぁわぁ泣いた。


ああ、よかったよぉ。

消えなくて、よかったよぉ。





ほんとはもっと、
「笑っていてほしい」とか、「覚えていてほしい」とか、「ちょっとでも意味が欲しい」とか、いろんな願いがあったはずやのに。

全部消えた。
ぜんぶ全部消えた。

笑っていたり、
苦しんでたり、
嬉しかったり、
辛かったり。

愚痴ってたり、
泣いてたり、
笑っていたり。

してくれてたら、いいや。

例えばあたしが、消えうせても、もういいや。
あたしがいた意味なんて、なくっていいや。

ただ、ただただ君が、
ここで、
泣いたり、
辛いなぁーって言ったり、
苦しんだり、
死にそうになってたり、
嬉しくって嬉しくって嬉しくってしょうがなかったり、
疲れ果ててたり、
頑張ってたり、
のんびりしてたり、
うどん食べてたり。



してるなら。
ああ、もう。
それだけで、いいや。

これ以上、
このあったかさの他に、
何を求めるっていうんだろう?

って、思った。

想ったんだ。

ふ。